コラム|【土日も診療】横浜駅直通徒歩3分にある歯科医院|スカイビル歯科

診療時間
10:00~14:30
16:00~20:30

★:10:00~13:00、14:00~17:00

休診日:祝日・年末年始

〒220-0011
神奈川県 横浜市 西区 高島2-19-12 スカイビル17F

tel. 045-624-9633
  • 地図
  • メニュー

セラミック治療のメリット・デメリット

皆さんこんにちは。

スカイビル歯科です。

 

当院の審美歯科では、さまざまなセラミック治療をご用意しております。

 

いずれも歯科用セラミックを活用した治療法ですが、レジンや銀歯とは異なる特徴あります。

 

そこで今回は、セラミック治療のメリットとデメリットをわかりやすく解説します。

 

見た目が天然歯にそっくり

セラミック治療の最大のメリットは、見た目の美しさです。

 

歯科用セラミックは、天然の歯の色や質感、光沢を忠実に再現できるので、治療後は歯を失う前とほぼ同じ状態に回復させることが可能です。

 

おそらく、ほとんどの人はセラミック製のクラウンやインレーを天然の歯質と見分けることはできないことでしょう。

 

生体親和性が高い

銀歯は安くて取り扱いやすい材料ですが、金属アレルギーやメタルタトゥーのリスクがあります。

 

汚れもたまりやすく、むし歯が再発することも珍しくありません。

 

一方、セラミックは生体親和性が高いので、金属アレルギーの原因となることはありません

 

汚れも付着しにくく、むし歯の再発リスクも下げることができます。

 

経年的な劣化が起こりにくい

セラミックはとても安定した物質であるため、経年的な変質や摩耗がほとんどおこりません。

 

アレルギーの原因にならないのもそのためです。

 

また、人工歯の黄ばみなどにも悩まされないことから、いつまでも美しい白さを持続することができます。

 

デメリットはないの?

セラミック治療には、「保険が適用されない」「強い衝撃が加わると割れやすい」といったデメリットがあります。

 

この2点に関しては、保険診療の銀歯に劣るといえます。

 

まとめ

このように、セラミック治療には保険診療の詰め物や被せ物とは異なるメリット・デメリットがありますので、事前にしっかり理解しておくことが大切です。

 

逆にいうと、上述したデメリットが気にならないのであれば、セラミック治療を強くおすすめすることができます。

 

いずれにせよまずは、精密検査を受けてお口の中の状態をしっかり確認することが大切です。

 

その上で、最善といえる治療法を見つけていきましょう。