コラム|【土日も診療】横浜駅直通徒歩3分にある歯科医院|スカイビル歯科

診療時間
10:00~14:30
16:00~20:30

★:10:00~13:00、14:00~17:00

休診日:祝日・年末年始

〒220-0011
神奈川県 横浜市 西区 高島2-19-12 スカイビル17F

tel. 045-624-9633
  • 地図
  • メニュー

痛みの少ないむし歯治療

皆さんこんにちは。

スカイビル歯科です。

 

むし歯治療では、ある程度の痛みや不快感は必ず伴います。

 

なぜなら、むし歯では歯茎に注射針を刺したり、歯をドリルで削ったりするからです。

 

ただ、歯科医師の技量や心がけ次第で、そうしたむし歯治療に伴う痛みを最小限に抑えることが可能です。

 

痛くない麻酔処置

実は、むし歯治療で強い痛みを感じるのは、麻酔処置であることが少なくないです。

 

専門的には局所麻酔(きょくしょますい)と呼ばれるもので、歯茎に直接、注射針を刺すあの処置です。

 

注射というのは、腕の皮膚に刺すだけでもかなり刺激が強いので、苦手としている人は少なくありません。

 

それを歯茎に施すのですから、強い痛みを伴うのも理解できますよね。

 

その点、当院であれば、局所麻酔の前に表面麻酔を施しますため、麻酔針による痛みはほとんど感じることがありません。

 

さらに、薬液を一定の速度でゆっくり注入するなど、歯茎への刺激が最小限になるよう、十分に配慮いたします。

 

削る量を最小限に抑える

表面麻酔と局所麻酔によって痛みの管理を十分に行った上で、さらに歯を削る際にも不快感が少なくなるように配慮します。

 

具体的には、むし歯と健康な歯質との境目をしっかり見極め、歯の切削量を最小限に抑えます。

 

そうすることで、歯を削る音や振動など、不快と感じさせる刺激も少なくすることができます。

 

また、削る際の熱が歯に伝わりにくいようにするため、注水しながら少しずつ処置を進めていきます。

 

そうして丁寧に歯を削ることで、むし歯治療に伴う痛みや不快感を軽減することが可能です。

 

まとめ

このように、当院であれば痛みを最小限に抑えたむし歯治療を受けられますので、「歯医者さんが怖い」「歯科治療の痛みが苦手」という方はお気軽にご連絡ください。

 

患者さまに不快な思いをさせないていねいな歯科治療を実施いたします。

 

極端にむし歯治療が怖い方にも特別な方法で恐怖心や痛みを緩和することも可能ですので不安な方はいつでもご相談ください。