コラム|【土日も診療】横浜駅直通徒歩3分にある歯科医院|スカイビル歯科

診療時間
10:00~14:30
16:00~20:30

★:10:00~13:00、14:00~17:00

休診日:祝日・年末年始

〒220-0011
神奈川県 横浜市 西区 高島2-19-12 スカイビル17F

tel. 045-624-9633
  • 地図
  • メニュー

最新の麻酔法による無痛治療

皆さんこんにちは。

スカイビル歯科です。

 

歯科治療は怖い、あるいは痛いと思っている方の多くは、何となくむし歯を削った時の痛みが思い浮かぶことかと思います。

 

歯というのは、普段人に触られるようなことはありませんし、ましてやダイヤモンドがまぶされたドリルで削られるなんてことはあり得ないですよね。

 

それだけに歯科治療が苦手な原因が歯の切削処置にあると思い込んでいる方も少なくありません。

 

けれども、それは必ずしも正しいこととはいえません。

 

歯を削る時には麻酔が効いている

歯を削るような侵襲的な処置を施す際には、必ず局所麻酔を効かせます。

 

ですから、実際に歯を削っている時は、歯や歯茎の感覚が麻痺しているものなのです。

 

もちろん、局所麻酔によって痛みをゼロにすることは難しいですが、それほど大きな痛みが生じていないのは確かです。

 

そこで注目していただきたいのが麻酔針を刺した際の痛みです。

 

実は、歯科治療が痛い、という経験は、歯茎に注射を打った時の刺激に由来していることが多いのです。

 

当院が行っている最新の麻酔法

当院では、そんな麻酔処置をできる限り無痛に近づけるために、最新の方法を導入しております。

 

まず、麻酔針の刺入時の痛みを軽減するために、あらかじめ表面麻酔を作用させます。

 

表面麻酔はクリーム状の薬剤ですので、施術の際に不快感が生じることはありません。

 

また、麻酔針は極細のものを採用しているため、刺した時の痛みは微々たるものです。

 

さらに、一定の圧力で麻酔薬を注入できる電動注射器を活用することで、周囲の組織へ過剰な圧力がかかることもなくなります。

 

ちなみに、薬液は体温とほぼ同じ温度に温めておく点も無痛治療に大きく寄与しています。

 

まとめ

このように、歯科治療の痛みの原因である麻酔処置を無痛で行うことで、患者さまの心身にかかる負担は大幅に減少します。

 

虫歯治療の痛みが怖い、歯医者さんが苦手、という方は、最新の麻酔法を導入しているスカイビル歯科までお気軽にご相談ください。