コラム|【土日も診療】横浜駅直通徒歩3分にある歯科医院|スカイビル歯科

診療時間
10:00~14:30
16:00~20:30

★:10:00~13:00、14:00~17:00

休診日:祝日・年末年始

〒220-0011
神奈川県 横浜市 西区 高島2-19-12 スカイビル17F

tel. 045-624-9633
  • 地図
  • メニュー

インプラントの一次手術・二次手術とは?

皆さんこんにちは。

スカイビル歯科です。

 

インプラント治療には必ず外科手術を伴いますが、それには一次手術と二次手術があることをご存知でしょうか?

 

それぞれ異なる目的で実施する手術であり、治療内容も大きく異なります。

 

今回はそんなインプラント手術の種類や内容をわかりやすく解説します。

 

インプラント手術の種類について

テンプラント手術は、一回法と二回法の2つに大きく分けることができます。

 

文字通り一回法は手術を一回、二回法は手術を二回行います。

 

現状、標準的なインプラント治療では二回法が行われています

 

そして、一次手術・二次手術は二回法で適応される施術法となっています。

 

一次手術は人工歯根の埋入

一次手術では、フィクスチャーあるいはインプラント体と呼ばれる人工歯根を顎の骨に埋め込みます。

 

チタン製のネジをドリルで埋入する処置であり、インプラント治療では最も重要なプロセスといえるでしょう。

 

二回法のインプラント治療では、埋入処置を施した後、一度傷口を縫合して数ヶ月の期間を置きます。

 

これは人工歯根が顎の骨に定着するのを待つ時間でもあります。

 

二次手術はアバットメントの装着

二次手術は、人工歯根と上部構造(人工歯)を連結する「アバットメント」を装着するために行います。

 

「手術」という名前がついていますが、それほど大掛かりなものではありませんのでご安心ください。

 

一次手術でインプラントを埋め込んだ部分を少し切開し、アバットメントを装着するだけです。

 

その後は、歯茎の状態が良くなるまで少し経過を見てから上部構造の製作に入ります。

 

手術は一回で終わらせられない?

インプラントの一回法なら、人工歯根の埋入とアバットメントの装着を同時に行うことができますが、適応できる症例は一部に限られます。

 

顎の骨の状態が良くなければ、人工歯根の定着も失敗する可能性があるからです。

 

そのため当院では、基本的には二回法でインプラント治療を実施しております。

 

まとめ

このように、インプラント治療には2回の手術を行う必要がありますので、その点は事前にしっかり理解しておきましょう。

 

インプラントは身体の中に埋め込む人工臓器のようなものなので、治療は慎重に進める必要があります。

 

そんなインプラント治療に関心の方は横浜駅東口から徒歩3分(駅直結)のスカイビル歯科までご相談ください。

 

当院はインプラント治療に力を入れております。