コラム|【土日も診療】横浜駅直通徒歩3分にある歯科医院|スカイビル歯科

診療時間
10:00~14:30
16:00~20:30

★:10:00~13:00、14:00~17:00

休診日:祝日・年末年始

〒220-0011
神奈川県 横浜市 西区 高島2-19-12 スカイビル17F

tel. 045-624-9633
  • 地図
  • メニュー

マウスピース矯正の特徴

皆さんこんにちは。

スカイビル歯科です。

 

当院では、一般的なワイヤー矯正だけではなく、マウスピース矯正にも対応しております。

 

今回はそんなマウスピース型矯正のメリットとデメリットをわかりやすく解説します。

 

装置が目立ちにくい

マウスピース矯正では、透明な樹脂製なマウスピースを使用することから、治療中であることに気付かれにくいです。

 

できれば周囲に知られずに歯並びを整えたい、という方にはおすすめの矯正法といえます。

 

異物感・違和感が小さい

マウスピース型矯正装置は、歯列にフィットする滑らかな構造を呈しています。

 

装着した際の違和感、異物感は極めて小さいです。

 

これはブラケットとワイヤーを装着するマルチブラケットシステムとは大きく異なる点です。

 

食事・歯磨きがしやすい

マウスピース型矯正装置は、食事と歯磨きの際には、必ず取り外していただきます。

 

つまり、矯正治療を始める前と同じように食事が楽しめ、歯磨きも難なく行うことができるのです。

 

痛みが少ない

一般的なワイヤー矯正は、比較的強い力で歯を移動させます。

 

ですから、治療に伴う痛みも強くなりがちです。

 

一方、弱い力で着実に歯を移動させるマウスピース型矯正装置では、施術に伴う痛みも比較的少ないです。

 

これもまたマウスピース矯正のメリットのひとつといえます。

 

マウスピース矯正のデメリットは?

マウスピース矯正のデメリットとしては、ワイヤー矯正ほど適応範囲が広くない、という点が挙げられます。

 

そのため、症例によってはワイヤー矯正を併用しなければならないこともあります。

 

まとめ

このように、マウスピース矯正にはたくさんのメリットがありますが、適応範囲が比較的狭いというデメリットもあります。

 

そうした点も踏まえた上で、矯正法を選択することが大切です。

 

いずれにせよ、事前に精密な診断を下す必要がありますので、マウスピース矯正に興味のある方はいつでも当院までご連絡ください。